忍者ブログ

つれづれなブログ

つれづれ綴るブログです(・∀・)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラウダ FMトランスミッター for iPod Dockコネクター XL-101 ブラック

こんにちは(^-^)


ラウダ FMトランスミッター for iPod Dockコネクター XL-101 ブラックについては、友達からどんなものか話は聞いていたのですが、具体的な情報とかは「Amazonで調べてね」と言われたので、Amazonで検索してみました。


で、探したところ、↓を発見しました(´∀`*)

ラウダ FMトランスミッター for iPod Dockコネクター XL-101 ブラック


通販での値段は¥ 4,200なので、送料を考慮しても、お店で探して買う手間や労力を考えると、Amazonで買ったほうがお買い得だと思いました(・∀・)b

一応、詳細情報は以下になります~ヽ(´ー`)ノ


ラウダ FMトランスミッター for iPod Dockコネクター XL-101 ブラック


再生+充電+音質・音量調整機能搭載! !  iPhone/iPod専用FMトランスミッター◆音質調整機能搭載音楽の音質(音圧レベル)の上げ下げ調節が可能◆高音質を実現Dockコネクター接続で良質な音楽をそのままのクオリティで、カーオーディオに飛ばすことが出来ます。◆音量調整機能搭載音量を調整し、ノイズの少ないクリアなサウンドが楽しめる、超低歪みが可能! ◆iPod充電機能搭載バッテリーの心配がなく安心。ipodを充電しながら、同時に音楽を楽しめます。◆USBポート搭載様々なUSB機器に使用が可能なUSBポートを搭載。◆液晶バックライト付き暗闇での操作が便利なバックライトを搭載。夜間でも簡単に操作が可能です。◆90度曲がるシガープラグ! ! シガープラグの角度を90度まで調整が可能。運転の支障にならないように固定できます。◆DC12Vマイナスアース車に対応◆デジタル回路(PLL)方式採用で、安定したクリアな音質◆送信周波数のチャンネルは、141チャンネルと業界最多。日本全国どこでも使用可能 / ■ 仕様 ■送信周波数:76.0MHz~90.0MHz(0.1MHzステップ)使用電源:DC12V接続コネクター:iPod専用Dockコネクター外形寸法:49(幅)×123(高さ)×25(奥行き)ケーブル長:約75cm本体重量:約70g最大消費電流:0.5A以下出力電圧範囲:DC4.9V~5.1V最大出力電流:0.6A環境温度範囲:-5℃~40℃付属品:取扱説明書・保証書×1


満足してます
i pod nano用に購入。車は三菱のアイで

付属のカーオーディオで聴いてます。

FMトランスミッターを初めて使用しましたので

他の製品との比較は出来ませんが

音質に強いこだわりをお持ちでない限り

この製品で大抵の方が満足されるのではないかと思います。

ノイズもほぼ気にする事なく、特に問題なく普通に音楽を聴く事が出来ました。

ただスピーカーの性能が良い等の条件により、若干ノイズも聴き取れてしまう

可能性も無くはないかもしれません。

価格も安く非常に満足しています。購入して良かった。

ようやく納得する製品にめぐり合えた
今まで、2,3種類のFMトランスミッターを試してみましたが、どれも雑音がひどくて聞けたものではありませんでした。 FMトランスミッターという方式自体が駄目なのか?と思っていたところ、「好みの音質に調整できる音質調整機能と、音量を調整し、音の歪みを抑える音量調整機能を搭載しています。」という謳い文句に惹かれて購入して見ました。 買って正解でした! 全くノイズが乗ってきません。iPod TouchからFMで音を飛ばしているのにもかかわらず、まるで、純正のカーオーディオから音が出ているようです。





PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

楽天ウェブサービスセンター

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R